fc2ブログ
2009.06.13 築105年???
と聞いてどんな想像をするでしょう?
自分の目で見るまではいろんな想像をめぐらせるでしょうね
そんな自分が興味半分、怖いもの見たさが半分みたいな(笑)

古民家というと茅葺き屋根で暗くて寒くてちょっと馬小屋のような匂いがして
とかとか
おそばやさんや農家レストランみたいな所などを思い浮かべるんじゃない
ま、自分がそうだったからね

でもなんだかんだ言っても昔の物って興味わいちゃう
お寺や仏像なんかがその代表
歴史的なロマンも感じるけど建築的にも美術的にも
一切の妥協がない職人の魂が見れる所がいいね!!
自分も織機作ったり職人の1人としてとっても参考になるし刺激になる!!
職人ってこういうものが作りたいっていうか
これぐらいの物とかって考えが一切無い
昨日より今日、今日より明日みたいな
そしてより良い素材や材料に出会うとさらに燃えてくる
だから損得勘定抜きにやろうとしちゃう
そこがいいとこでもあり悪い所でもあるんだけど

でも現代の世界で好き勝手にやりたいように出来るなんて事
なかなか無いからいい勉強にはなる

ま、自分の師匠から盗む事の方が多いですが
織機作りに関しては多分最高の師匠であり
最高の弟子だと思う(言い過ぎ???)


前置きが長くなりましたが築105年の家
ビフォーが無いから残念ですが想像を遥かに越えた
めっちゃ心地よい空間と重厚感が漂う家でした
IMG_3188.jpg
この写真だと普通かな~なんて思うかもね
屋根だってお寺みたいに反ってます!!めちゃくちゃ広大!!
これでたいした事ないのよ~なんて言われるからたまげます(笑)

IMG_3224.jpg
こっちもいい感じ

中はもっとすごい
ちょっと高級な旅館って感じです
IMG_3191.jpg
入ってすぐに思ったこと
「うわっっっっっ、天井 高っっっっっっ!!」
こんな織物あうんですね~
IMG_3216.jpg
こんなに太い梁が組んである
こんな吹き抜け空間がうらやましい
IMG_3193.jpg
これで真冬に暮らせるのかって疑問が起きるよね

大丈夫なんです
こう見えて高気密高断熱
構造は105年前
中身は現代

ここもうちと同じ暖房システムを使用してるが
こんなに天井高くても何も仕切らなくても
寒くない家になる
構造は古民家だけどほぼ新築というか高気密高断熱になってます
でないとこのパネルヒーターは意味がないからね
家全部を暖めて寒い所をなくすという考え
だから冬でも裸足ってのも可能です
壁内結露も起きないから家も長持ちするしね
海外だとこのシステム多いですよね

ってことで真冬にも一度訪れてみよう

この他にも家の調度品と言うか建具類などもすごい
IMG_3192.jpg
真ん中の建具はどちらからも使える引き出しになってて
真ん中の格子は来客を確認するためのものらしい
またこの格子部が
IMG_3199.jpg
手が込んでる
格子の細さもさることながらこの渦巻き模様もすごっっっっっ
まだまだあるよ~
IMG_3219.jpg
ここは神社か???と
職人さんが彫って行ったものらしいが
職人さんの心意気が感じられる
IMG_3210.jpg
ふすまの絵は通りがかりの旅の人が描いていったもの
想像だけど家を見て建具を見て人を見てなんか共鳴したんでしょうね

欄間の千本格子がこれまたすごい
なんでこんなに細く出来るの???ってくらい細い
端にはネズミの彫り物IMG_3211.jpg

こんなすばらしい家はいつまでもいつまでも残ってほしい
実際、維持管理はメチャクチャ大変なんだろうけど
人ごとってのは何でも言えるからね
こんな家の持ち主に出会えた事に感謝!!

今度はただ遊びでも行ってみたくなるようなとこ
IMG_3226.jpg
川の透明度が違うし空気が違う
気持いいとこでした
こんな風に外は外で自然たっぷりどこでも遊べるんだけど
家の中も転がり放題、走り放題
梅雨時でも・・・

こんなきれいな空気と水を利用して
藍染めなどやりたいですね!!

また次回もよろしくお願いたします!!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→https://ryu1028.blog.fc2.com/tb.php/174-1f680bec