fc2ブログ
昔というかちょっと前までは

写真の生地のような糸はいつでも頼めば作ってくれる人がいたのだけれど


今は作ってくれる人も少なければ、玉糸と言って双子繭や規格外になった繭などが無いというか、国内繭自体が少ないからハズレ自体が少ない

という事は写真のような節だらけの糸や座繰り糸などはわざわざ作ってもらうのだけれど


節が多いという事は面白い布にはなるけど
反面、織手泣かせな糸

だからみんなホドホドの節具合で頼む

そうすると糸作りの職人さんもホドホドで作ってくれたりするのねぇf^_^;

このやり取りが何回かあってようやく自分好みの糸になるんだけど…
これ!という糸になるには
なかなか大変ですf^_^;


ま、作ってくれる人がいるってのはありがたいことだし

そんな人達を守っていく為にも
より良く面白いもんを作って
バンバン買ってもらわなくてはいけない訳ですよ‼︎

最終的に作る人が居なくなっても求めるのであれば…自分自身で作るしかないよねぇf^_^;
苧麻とか木綿とかは何とか自分で作る事はできるけれども


蚕から糸をとるとか
羊毛から糸をとるとか
全てを自分でやるとすると
それ相応の覚悟が要る
家族やご近所さんに迷惑がかからないように…動物性はなかなか芳しい匂いを発しますのでねf^_^;

それと…これは自分が思う事何ですが…

古着を買って着るのは初めの一歩にはイイけど
直接的に着物文化を支える事にはあんまりならんという事

長い目で見れば良さを知り着物文化の下支えにはなるのだけれど
どんどん居なくなる職人さんを守るには…
残念ながら時間が無いのです

本当により良い本物を出来る限り正当な値段で買ってこそ
本当により良い職人さんは残ると思います
着物が好きで楽しみたいし本物に出逢いたいのであれば
是非是非、糸のこと、織のこと
勉強されることお勧めします(^O^)
騙されない為にもね‼︎


お仕事としてならいくらでも本気でお教えしますよ^_^
ワークショップなどお声掛け下さい!




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→https://ryu1028.blog.fc2.com/tb.php/1488-3c418866