fc2ブログ
2015.09.09 幸せの基準
夏が終わってから早1ヶ月
今週は秋も深いくらいの肌寒さ
ホントならまだまだ日中は暑いくらいなはず
何を着たら良いのか分からず朝から右往左往なこの頃です^^;
皆様も体調管理大変でしょうが
美味しい物沢山食べて楽しく参りましょう(^O^)

私も朝からプチプチプチプチ
命頂いて張り切っとります*\(^o^)/*


以前、猟友会の方と一緒に山入ったり、命をご馳走になったり、貴重な体験やお話を聞く事が出来たのだけど…

普通に生活していれば
お金を出せば何でも手に入り
命の大切さなんてのを考えること
そうそう無いだろう

自分達がどんなもんかは知らんが
動植物も人間もカワイイ、可哀相という感情論だけではとっても無責任

自然の世界や
自分達と全く違う世界の人々

目の前にある事や起きている事が当たり前だと思うだろうし文句も言うだろう

でも、今居る環境だから通じる事
別な世界に行ったらならば
そちらの生き方がある

幸せという基準は生きているもの次第
動植物に感情があるかは分からない
少なくとも猫にはあるようだ

生きるという事
命とは
決して綺麗ごとだけではない
責任の連続なんだと
気付かされる

「ぼくは猟師になった」
是非読んでみて欲しい^_^


猟師になる人がどんどん減っているという事は
いろんな弊害も生み出してる

学校で水族館や動物園に行くのもいいと思うが
猟友会の方々の話を聞いて考えるって事の方が有意義なような気がしてならない
ただ見てカワイイ、カワイクナイ、スゴイ、スゴクナイ
感じるだけではなく
考える事をしていかないと

無責任な人間は増える一方ではないのかなぁ

責任論はどうか分からんけど…
知っているかぎり…
タイやネパールの方が
命という事や生死という事に
よっぽど近い生き方をしていると思う
そういう意味でも向こうへ行くと何かホッとするものを感じれるのかもしれない



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→https://ryu1028.blog.fc2.com/tb.php/1449-2351cb1b